0120-355-130

膝痛に効果的?膝のヒアルロン酸注射について解説

膝痛にお悩みの方の中にはヒアルロン酸注射を検討されている方も多いと思います。今回はヒアルロン酸注射の目的や効果、メリット・デメリットを解説します。

ヒアルロン酸注射を継続的に実施していても痛みが再発してしまう方もぜひ、ご一読ください。

変形性膝関節症のヒアルロン酸注射について解説

膝のヒアルロン酸注射とは

膝のヒアルロン酸注射の目的

ヒトの膝の関節内を満たしている滑液には、ヒアルロン酸が元々含まれています。そして、関節内のヒアルロン酸は骨と軟骨が擦れ合うことを防ぐ働きをしています。

ところが加齢とともに徐々にヒアルロン酸が減少していきます。

ヒアルロン酸が減少すると骨と軟骨の摩擦が増えてしまい、膝関節の負担が大きくなって、動きが悪くなり、痛みを感じるようになります。

ヒアルロン酸注射は、加齢によって不足したヒアルロン酸を関節内に注射する治療です。ヒアルロン酸ナトリウムという薬剤を膝関節に注入します。

ヒアルロン酸の関節内注射は、日本整形外科学会で有効な場合があると考えられていて、その推奨度は87%と、高く評価されています。

一方で、米国の学会では変形性膝関節症に対して推奨できないとされており、世界的には意見が分かれています。

膝のヒアルロン酸注射の効果とメリット

ヒアルロン酸注射のメリットを紹介します。

膝の軟骨を保護し、痛みを軽減できる

ヒアルロン酸は軟骨を保護して関節内の痛みを軽減できると考えられています。

また、保存療法の一つとして知られ、より強力な鎮痛効果が期待されるステロイド注入と比較すると効果の発現は遅いとされているものの、持続性は期待できると考えられています。

 注射で完結するため負担が少ない

ヒアルロン酸注射のメリットは、注射で治療が完結するため、身体的な負担が少ないことにあります。

変形性膝関節症など膝の軟骨のすり減りによる疾患では、症状が悪化した場合、最終的には人工関節に置き換える手術が必要になります。

多くの整形外科医院で受診でき、保険が適用される

ヒアルロン酸注射は多くの整形外科医院で受診できます。また、膝のヒアルロン酸の注射は保険が適用できるため、3割負担で千円弱ほどと経済的な負担が比較的少ないことも患者様にとってメリットとなります。

膝のヒアルロン酸注射のリスクとデメリット

ヒアルロン酸注射のデメリットは以下のようなものになります。

前提として、ヒアルロン酸注射だけでなく全ての治療行為にはリスクが伴います。各治療方法の性質をよく理解して選択することが最も重要です。

ヒアルロン酸注射のリスクと副作用

ヒアルロン酸注射のリスクとして

  • 注射時の痛み
  • 感染症
  • 関節内出血
  • ショック症状

などが挙げられます。

これらは、一般的な注射に伴うものと同様で多くの予防接種でも言えることであり、比較的リスクは少ない治療といえます。

詳しくはかかりつけの整形外科などにご相談ください。

ヒアルロン酸注射の鎮痛効果は一時的

ヒアルロン酸注射は鎮痛効果を期待して注入するもので、膝関節の痛みを根本的に解決してくれるものではありません。

ヒアルロン酸注射による鎮痛効果は1〜2週間ほどである場合が多く、持続性は限定的です。

そのため、2〜4週間に一度ほどの頻度で注射を継続することとなります。また、継続的に注入を行うと1回毎の効果が徐々に薄れていきます

ヒアルロン酸注射では、痛みの原因となっている損傷は回復せず、一時的に痛みを感じにくい状態となっています。

そのため、痛みを感じにくい時期に過剰な運動や酷使をしてしまうことで、より症状が悪化する場合もあります。

ヒアルロン酸注射は多くの場合、一時的に痛みを抑える効果は期待できますが、根本的な治療とはならず、症状は進行し続けます

他の治療方法の選択肢

ヒアルロン酸注射では症状の進行が止まらないのであれば、どのような治療方法が他にあるのでしょうか。

再生医療及びそれに準じる治療

近年、変形性膝関節症の新しい選択肢として、再生医療、及びそれに準じる治療が注目されています。

PRP-FD療法脂肪幹細胞治療などがこれらに該当します。

これらの治療は血液や脂肪から採取した自己由来の成分を注入することで、傷ついた組織の再生を促す治療法です。

再生医療及びそれに準じる治療のメリット

ヒアルロン酸治療は傷ついた組織の修復は期待できないため、症状が進行してしまいます。

しかし、再生医療及びそれに準じる治療方法では、傷ついた組織の再生を促すため、症状の進行を遅らせることが期待できます

再生医療のメリットとして他にも、体に負担が少ないことが挙げられます。

自己由来の成分を培養して注射するため、リスクも一般的な注射とほぼ同等といえます。

また、ヒアルロン酸注射の効果が見られず手術の適用を整形外科で推奨されている場合でも、再生医療及びそれに準じる治療方法であれば適応できる場合があります。

詳しくは当院の無料電話相談にご質問ください。

再生医療のデメリット

再生医療及びそれに準じる治療は、比較的新しく提供されるようになった治療方法であるため、保険が適用できず全額負担になることがデメリットとなります。

しかし、ヒアルロン酸を継続的に注射し続けて痛みを和らげる場合と比較すると、再生医療及びそれに準じる治療の方が結果的に場合によって低額になる場合もあります。

まとめ

膝のヒアルロン酸注射について解説しました。

ヒアルロン酸注射を検討される方は、かかりつけの整形外科へご相談ください。

また、当院でも再生医療及びそれに準じる治療を実施しています。

ヒアルロン酸注射との違いを知りたい方や、継続的に注射していても効果が見られず困っている方はぜひ無料電話相談までお電話ください。

変形性膝関節症についてもっと知る

  1. 変形性膝関節症の人が気をつけた方が良い仕事3選
    お悩み/症状 2023/10/06

    膝を守るために気をつけた方がいい仕事3選

  2. 温湿布や冷湿布、何が違うの?湿布の種類について整形外科医が解説します。
    サプリメント・湿布 2023/03/31

    温湿布や冷湿布、何が違うの?湿布の種類

  3. 変形性膝関節症は痩せることで治るのでしょうか。整形外科位が解説します。
    変形性膝関節症 2024/02/05

    変形性膝関節症は痩せたら治る?今日からできる体重コントロール

  4. 変形性膝関節症とは。整形外科医が解説します。
    変形性膝関節症 2024/02/02

    変形性膝関節症とは?整形外科医が解説!

  5. 当院の口コミや評価、取り組みについて解説します。
    その他 2023/08/07

    どすこい膝クリニックの口コミや評価

記事監修医師

院長 郷真知

どすこい膝クリニック代表医師

日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷真知

どすこい膝クリニックについて

まずはお気軽にお電話で相談ください

当院では治療内容をご納得いただいた上で受診いただけるよう無料で事前の治療相談を実施しております。
まずはお電話で相談ください。

無料電話相談
0120-355-130

住所

〒107-0062
東京都港区南青山3-18-11
ヴァンセットビル2階202号

アクセス

東京メトロ 銀座線/半蔵門線/千代田線
表参道駅A4出口より徒歩1分
エレベーターご利用の方はB3出口をご利用ください

訪問診療の対応地域

東京都23区全域

診療日時

10:00〜18:00
(年中無休)
※ご予約はお電話にて承ります。

お問い合わせ

TEL.0120-355-130
受付時間/10:00〜18:00

まずはお気軽にお電話で相談ください

当院では治療内容をご納得いただいた上で受診いただけるよう無料で事前の治療相談を実施しております。
まずはお電話で相談ください。

無料電話相談
0120-355-130

膝の症状についてもっと知る

病名/疾患から探す

お悩みから探す

治療法から探す

運動療法・リハビリを探す

その膝の痛み、相談してみませんか
まずは電話で無料相談。通話料無料0120-355-130 ゼロイチニーゼロ、みんなゴーゴーいたみゼロ。

ひざのお悩み、まずはお気軽に無料電話相談へどうぞ

0120-355-130

ネットからの
ご来院予約はこちら
無料電話相談、ご予約受付中

※当院は再生医療及びそれに準じる治療を扱う膝関節治療専門の自由診療クリニックです。