1. ホーム
  2. column
  3. PRP-FD療法とは?

PRP-FD療法とは?

再生医療

2023/01/30

院長 郷真知

記事監修 表参道イーグルクリニック代表医師 日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷 真知

変形性膝関節症の治療法として近年注目されている「PRP-FD療法」。PRP-FD療法は再生医療に準じる治療法のひとつです。本記事では具体的にどのような治療法なのか解説いたします。

PRP-FD療法について解説。

PRP-FD療法は”自己治癒力”をサポートする治療法です

PRPとは自分の血液から血小板に含まれる活性の高い成長因子を抽出したもののことを言います。血小板は血管が傷ついたとき、傷ついた場所に集まって血を固めるが知られています。血を固める際に血小板から多量の成長因子が放出するという働きも備わっています。

この成長因子は、傷ついた組織の修復を促します。この血小板の放出する成長因子の効果を利用することにより組織の修復が早まったり、治りにくい組織の修復が期待されます。
この効果を利用する治療方法がPRP療法です。

PRP療法は欧州スポーツ外傷・膝外科・関節鏡学会議(ESSKA)の整形バイオロジクス コンセンサスでも推奨グレードA (科学的に高く推奨される)とされております。

PRP-FD療法は日本が生み出した技術です

FDとはFreeze Dry(フリーズドライ)の意味で、PRP-FDとはPRPを日本の技術によって凍結乾燥したものです。国内の厳格な管理がなされた施設と連携し、血液を加工します。

PRP-FD療法の3つのポイント

PRP-FD療法は体への負担が少ない

ご自身の血液を利用した治療のためアレルギー反応が生じる可能性を下げることができ、体に負担が少ない治療と言えます。

PRP-FD療法は痛みが生じにくい

フリーズドライ加工によりPRPが無細胞化されています。そのため、PRP療法よりも投与後に痛みが生じにくいと言われています。
※注射後は効果のため一時的に腫れることがあります。

PRP-FD療法はご自宅でも処方可能

日本の技術により、常温保存が可能となりました。そのため、運搬が容易になり、ご家庭でも処方することができます。

また注射日を自由に選択することができます。

当院はPRP-FD療法に注目しています

今までは治療では、保存治療で効果がない人は手術療法しかありませんでした。

人工膝関節置換術では膝を切って関節を失う上に入院・術後にリハビリテーションが必要で患者様の苦労も多く聞かれました。

PRP-FD療法はまさに従来のヒアルロン酸注射が効かない人、手術をしたくない人、年齢や他の病気のために手術が出来ない人に向けた新しい治療法と言えます。

リスク・副作用についてはこちら

https://dosukoi-clinic.jp/faq/


1 . MLB Advanced Media, L.P. “Angels satisfied with Ohtani’s medical report”
(URL:https://www.mlb.com/news/shohei-ohtani-had-preventative-prp-injection-c263381604

記事をシェアする

無料電話相談

表参道イーグルクリニックでは、関節の痛みでお悩みの方のご相談にお応えする無料電話相談をお受けしております。
お気軽にお電話ください。

再生医療についてもっと知る

記事監修医師

院長 郷真知

記事監修 表参道イーグルクリニック代表医師 日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷 真知

表参道イーグルクリニックについて

表参道イーグルクリニック
住所

〒107-0062
東京都港区南青山3-18-11
ヴァンセットビル2階202号

アクセス

東京メトロ 銀座線/半蔵門線/千代田線
表参道駅A4出口より徒歩1分
エレベーターご利用の方はB3出口をご利用ください

電話番号

0120-355-130

診療日時

10:00〜18:00

診療対象

肘・肩・手首・股関節・膝・足首の関節症など

訪問診療の対応地域

東京都23区全域

無料電話相談、ご予約受付中

※当院は再生医療及びそれに準じる治療を扱う関節治療専門の自由診療クリニックです。

電話をかける