0120-355-130

変形性膝関節症は自力で治せる?なぜ難しいか医師が解説

変形性膝関節症とは、膝の軟骨が少しずつすり減って骨が変形する病気です。

膝を動かすと痛みが生じたり、曲げ伸ばしが難しくなったりします。最終的に、歩行困難にもつながりかねません。自力で治そうとする人もいますが、医師による専門的な診断と治療が不可欠です。

ここでは、変形性膝関節症における医師の診断の重要性や、有効な予防方法について詳しく解説します。これからも健康的な日常生活を送るために、ぜひ参考にしてみてください。

変形性膝関節症を自力で治すことは非常に困難です

変形性膝関節症を自力で治すのは難しい!

残念ながら変形性膝関節症は自力では治しづらい疾患です。

なぜ難しいのか解説します。

変形性膝関節症の自己治癒は見込みづらい

軟骨が一度すり減ってしまうと、自然治癒は見込みづらいです。変形性膝関節症は膝の軟骨が摩耗し、結果として骨同士が直接接触する状態になります。

軟骨の再生能力は非常に限られているため、実際にはほとんどの場合、元の変形前に戻るのは不可能です。時間の経過とともに、関節の変形や機能障害が進行することが一般的だといえます。

たとえば、軽い運動をしたとしても摩耗した軟骨が元に戻るわけではありません。

変形性膝関節症の自己治癒を期待するのではなく、専門医を受診し予防と進行を遅らせることが重要です。早期に専門医による診断を受け、適切な治療によって症状の進行を遅らせることで、日常生活の質を維持することが可能になります。

変形性膝関節症の診断は医師の診察が必要

変形性膝関節症の診断は、医師の診察が不可欠です。この病気は軟骨が摩耗して関節の機能が低下するため、個々の症状や進行の程度に基づく専門的な評価が必要です。医師は、MRIなどの画像診断を通じて膝の状態を正確に評価し、患者さまに適した治療計画を立てます。

自力で治そうとすると、結果的に症状を悪化させるリスクがあります。

たとえば、適切な診断もなく過度な運動を行うと、膝の損傷がさらに進行するでしょう。医師の診断と指導のもとで正しい治療を受けることが大切です。

変形性膝関節症の進行を予防するためには運動療法が重要

変形性膝関節症の進行を防ぐためには、運動療法がポイントです。

適切な運動は、膝の周りの筋肉を鍛えて関節の柔軟性を高めます。膝への負担が減るため、軟骨の摩耗を防ぐことが可能です。強化された筋肉は膝を支え、痛みの軽減や関節の安定化にもつながります。

運動療法は、症状の悪化を防ぐ効果的な手段といえるでしょう。しかし、過度な運動や不適切な方法は、逆効果になることもあるため注意が必要です。運動の選択と実施方法がわからない場合は、医療機関で相談してみてください。

医師の診断が必要な理由

変形性膝関節症において、医師の診断は必要不可欠です。

画像検査、専門家による正確な診断が重要

変形性膝関節症を正確に診断するためには、MRIなどの画像検査が非常に重要です。

MRIは膝の内部の軟骨の状態や関節の炎症など、肉眼では見えない部分まで映し出すからです。

画像診断によって、医師は膝の状態を詳細に把握します。単なる損傷や関節リウマチなど他の疾患との鑑別を明確にするためにも、正しい診断は欠かせません。

適切な治療プランを立てるために医師の指示を受けよう

変形性膝関節症の治療は、患者さまの状態によって異なります。抗炎症薬や痛み止めの処方、関節を保護するための体操やストレッチなどの理学療法が行われます。また、症状の進行が顕著な場合は、手術が必要になることもあります。

医師はMRIなどの検査結果に基づき、患者さまに適した治療プランを提案します。また、症状の変化や生活状況に応じて、計画を柔軟に調整することも可能です。

医師の指示なく行われる自己管理は、症状の悪化を引き起こすリスクがあります。

変形性膝関節症を自力で予防するには

変形性膝関節症を予防するためには、運動が効果的です。ここでは、具体的な運動方法や日常生活の注意点についても紹介します。

適切な運動が変形性膝関節症のリスクを軽減

適切な運動は、変形性膝関節症のリスクを軽減します。膝の周りの筋肉を鍛えると、膝をしっかりと支えてくれるようになるからです。膝への負担が減るため、軟骨がすり減るのを防げます。日常生活で怪我をするリスクを減らすことも可能になるでしょう。

適切な運動の選び方や実施方法については、医師や理学療法士と相談してみてください。ご自身に適した運動を続けることが大切です。

運動療法の効果的な方法とは?

運動療法で重要なのは、適度で膝にやさしい運動を選ぶことです。たとえば、ウォーキングは膝への衝撃が少なく、筋肉を均等に強化するのに適しています。水泳や水中ウォーキングなどは、水の浮力が膝への負担を軽減するため、関節にやさしい運動です。

サイクリングは、膝関節を動かしながら筋肉を強化するのに効果があります。また、ストレッチやヨガは関節を柔らかくし、動きをスムーズにします。

ポイントは、運動の強度や回数を少しずつ増やしマイペースで継続することです。筋トレも効果的ですが、過度な重量や間違ったフォームは逆効果になるため、専門家のアドバイスを受けましょう。運動療法は計画的に進めることで、関節の健康維持に効果を発揮します。

日常生活での注意点と予防策

変形性膝関節症の予防には、日常生活の中での小さな工夫も効果的です。毎日の行動や習慣が、膝関節への負担に直接影響を与えます。

たとえば、長時間の座りっぱなしは避け、時々立ち上がって軽く歩くようにしましょう。同じ姿勢を続けると膝関節が硬くなり、動きが悪くなる可能性があるからです。

また、体重の管理も非常に重要です。体重が重いと膝に負担をかけるため、適切な体重を維持できるよう心がけましょう。

階段の上り下りや膝に負担のかかるスポーツは慎重に行ってください。クッション性の高い靴を選んだり、必要であれば膝サポーターを利用したりするのもよい方法です。

変形性膝関節症は、医師による専門的な診断や運動療法によってリスクを減らせます。症状が進み常に膝が痛む状態になると運動することも難しくなり、さらに症状が悪化してしまうでしょう。

まずは、お近くの整形外科を受診してみてください。当院では、無料で事前に治療の説明を行っております。

遠慮せずお気軽にご相談ください。早めの対処が、あなたの大切な健康と日常生活を守ることにつながります。

変形性膝関節症についてもっと知る

  1. 前十字靭帯損傷について医師が解説。
    お悩み/症状 2023/04/28

    膝に不安定感がある人必見!前十字靭帯損傷とは(1/2)

  2. 膝の裏が痛いときに考えられる病気について医師が解決
    お悩み/症状 2024/02/14

    膝の裏が痛いときに考えられる病気

  3. 内側側副靱帯損傷を改善するトレーニング
    その他の疾患 2023/05/18

    膝の中で一番多い損傷?内側側副靭帯の治療方法!(2/2)

  4. 膝が痛くて歩けない50代以上の方のための、応急的な対処法。
    お悩み/症状 2024/02/21

    膝が痛くて歩けない50代以上の方向け!応急的な対処法

  5. 変形性膝関節症を予防する大腿四頭筋トレーニング、ストレッチを解説。
    お悩み/症状 2023/08/21

    変形性膝関節症の予防!大腿四頭筋ストレッチ

記事監修医師

院長 郷真知

どすこい膝クリニック代表医師

日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷真知

どすこい膝クリニックについて

まずはお気軽にお電話で相談ください

当院では治療内容をご納得いただいた上で受診いただけるよう無料で事前の治療相談を実施しております。
まずはお電話で相談ください。

無料電話相談
0120-355-130

住所

〒107-0062
東京都港区南青山3-18-11
ヴァンセットビル2階202号

アクセス

東京メトロ 銀座線/半蔵門線/千代田線
表参道駅A4出口より徒歩1分
エレベーターご利用の方はB3出口をご利用ください

訪問診療の対応地域

東京都23区全域

診療日時

10:00〜18:00
(年中無休)
※ご予約はお電話にて承ります。

お問い合わせ

TEL.0120-355-130
受付時間/10:00〜18:00

まずはお気軽にお電話で相談ください

当院では治療内容をご納得いただいた上で受診いただけるよう無料で事前の治療相談を実施しております。
まずはお電話で相談ください。

無料電話相談
0120-355-130

膝の症状についてもっと知る

病名/疾患から探す

お悩みから探す

治療法から探す

運動療法・リハビリを探す

その膝の痛み、相談してみませんか
まずは電話で無料相談。通話料無料0120-355-130 ゼロイチニーゼロ、みんなゴーゴーいたみゼロ。

ひざのお悩み、まずはお気軽に無料電話相談へどうぞ

0120-355-130

ネットからの
ご来院予約はこちら
無料電話相談、ご予約受付中

※当院は再生医療及びそれに準じる治療を扱う膝関節治療専門の自由診療クリニックです。