1. ホーム
  2. column
  3. ゴルフ肘として知られる上腕骨内側上顆炎について

ゴルフ肘として知られる上腕骨内側上顆炎について

ゴルフ肘

2024/06/05

院長 郷真知

記事監修 表参道イーグルクリニック代表医師 日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷 真知

日常的にスポーツを親しまれている方はゴルフ肘という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ゴルフ肘は上腕骨内側上顆炎じょうわんこつないそくじょうかえんと呼ばれる疾患です。今回はゴルフ肘にお困りの方へ向けてゴルフ肘について解説します。

ゴルフ肘は上腕骨内側上顆と呼ばれる疾患です。原因と症状、治療方法を解説います。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)とは

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)は肘の内側の腱に炎症が生じ痛みを感じる病気です。肘から手首の内側に痛みが生じる特徴があります。ゴルファーに多く見られることからゴルフ肘と呼ばれています。

握る動き、上腕を回転させる動き、手首を曲げる動きを繰り返し行うことが直接的な原因となります。

そのため、テニスのスイング、パソコンのタイピング、工具を扱う職業の方などゴルフに限らず日常生活の中でも生じることがあります。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の症状

ゴルフ肘の主な症状として、

といったものが挙げられます。

痛みが強く出て、特定の動作がしづらくなってしまうこともあり、日常生活に支障をきたす場合もあります。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の原因

主な原因は腕の使いすぎや加齢による筋肉の質の低下です。

使いすぎ(オーバーユース)

腕の使いすぎ(オーバーユース)が直接の原因と考えられています。

握る動き、上腕を回転させる動き、手首を曲げる動きを繰り返し行うことで骨と腱の結合部分に炎症が生じます。

ゴルフが原因の場合

ゴルフをされている方の場合、腕の力に頼りすぎた誤ったスイングによって生じることも多いようです。

初心者の方がゴルフ肘になる場合が相対的に多いと言われています。上級者は体に無理の少ないフォームを身につけているため、腕の力だけに頼ることなくスイングができるからです。

加齢

加齢によって筋力や筋肉の弾力性が低下していると上腕骨内側上顆炎を発症しやすいと考えられています。

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の治療

上腕骨内側上顆炎の治療は手術をしない保存療法と手術療法があります。

保存療法

まずは関節にかかる負荷を減らし、安静にすることで痛みを抑えることが優先されます。

テーピングやサポーターを用いることで負荷を減らします。これを装具療法といいます。

また、痛みがある場合には、鎮痛剤などを使用する薬物療法が選ばれます。

また、それでも痛みが強い場合にはステロイド注射を行うこともあります。

これらの方法をまとめて保存療法と呼びます。

再生医療及びそれに準じる治療

保存療法を行っても効果がみられない場合、再生医療という選択肢もあります。

再生医療は患者様ご自身の血液や脂肪に含まれる成長因子を用いて、傷ついた組織の修復を促す治療です。

PRP-FD療法

PRP-FD療法は再生医療に準じる治療のひとつです。

自分の血液から血小板に含まれる活性の高い成長因子を抽出し、フリーズドライしたものを再度注入する治療です。

メリットとして、自己由来の血液から抽出するためアレルギー反応が少ないことが挙げられます。

当院でも実施しておりますので、まずは無料電話相談までご相談ください。

手術療法

88%〜96%は通常の保存療法やPRP療法で症状が改善されるという報告もあるため、上腕骨内側上顆炎で手術療法を行うケースは少ないと言われています。

半年〜1年以上、適切に保存療法を行っても痛みがひかない場合や、筋肉や腱が著しく断裂している場合、手術療法を行うこともあります。

損傷した組織を取り除き、筋膜を縫合します。

まとめ:治療をはじめましょう

強い痛みがある場合や、安静にしても痛みが持続する場合はまずは整形外科の受診をお勧めします。

当院ではゴルフ肘に効果の期待ができるPRP-FD療法を実施しています。まずは無料電話相談までお問い合わせください。

参考文献

記事をシェアする

表参道イーグルクリニックの治療について

表参道イーグルクリニックでは、関節痛に対して手術・入院不要の再生医療を提供しています。
再生医療では患者様自身の血液や脂肪を利用することからアレルギー反応が少なく、持続的な痛みの軽減を期待できます。

無料電話相談

表参道イーグルクリニックでは、関節の痛みでお悩みの方のご相談にお応えする無料電話相談をお受けしております。
お気軽にお電話ください。

ゴルフ肘についてもっと知る

記事監修医師

院長 郷真知

記事監修 表参道イーグルクリニック代表医師 日本整形外科学会認定整形外科専門医

院長 郷 真知

表参道イーグルクリニックについて

表参道イーグルクリニック
住所

〒107-0062
東京都港区南青山3-18-11
ヴァンセットビル2階202号

アクセス

東京メトロ 銀座線/半蔵門線/千代田線
表参道駅A4出口より徒歩1分
エレベーターご利用の方はB3出口をご利用ください

電話番号

0120-355-130

診療日時

10:00〜18:00

診療対象

肘・肩・手首・股関節・膝・足首の関節症など

訪問診療の対応地域

東京都23区全域

無料電話相談、ご予約受付中

※当院は再生医療及びそれに準じる治療を扱う関節治療専門の自由診療クリニックです。

電話をかける